鍵と錠前

鍵に関するトラブルは専門業者に解決してもらおう

とりあえず業者に依頼

作業員

放置しないこと

建屋の不具合が発生したときには、普段から自分で対処する習慣がない場合、使用できている間は、なんとなく使いづらい状態のまま、放っておきがちです。しかし、そのまま使用し続けているうちに、ますます状況が悪くなり、本来の機能を果たせなくなることさえあります。特にドアの開け閉めについては、使用回数が増えていくにしたがって、金属同士の摩擦により、本来かみ合うべき歯車がしっかりとかみ合わなくなってくる場合があります。こうなると、ドアを開ける際に、引っかかったような状態になり、無理に引っ張ったり、上下のどちらかに力をかけて開けたりしなければ、開かない、といった事態になります。そのまま使用し続けた場合、状況はさらに悪化することもあるため、ドアは早めに修理手配をすることが重要です。

早めの対処

特に湿気の多い場所に設置しているドアの場合、摩耗の進行をさびが助長している場合があり、ひどい場合には、軸が折れる事態に発展する場合も有ります。こうなる前に、修理が必要になるわけですが、初期の段階であれば、ホームセンターなどで型の一致するドアノブを購入し、付け替えることで修理が完了します。しかし、このドアノブを外すこと自体ができない状態になっている場合があります。発生したさびが癒着した状態になると、ステンレス素材であっても、取り外せない状況になることがあるのです。こういった場合には、日曜大工レベルでは、手の施しようがない状態になっていることが考えらえるため、ドアの修理を行う業者に相談することです。